HOME > 用語集

用語集

ラベル、シールに関する用語を集めました。

アウトライン化  

一般的には、文字データを線画(図形)に変換することです。アウトライン化するとテキストではなく図形データとして扱われるため、文字化けを防ぐことができたり、文字を自由に変形させることができます。

なお、アウトライン化した後は文字の修正ができませんので、アウトライン化したデータは別のファイルとして保存することをお薦めします。

     
一般粘着   一般的に多く使用されている粘着剤で、紙素材・フィルム素材のどちらにも対応しています。
     
Illustrator
(イラストレーター)
  Adobe Systems社が販売しているベクトル画像編集ソフトウェア(ドローソフト)のことで、文字入力、着色、その他多くの機能があり、イラスト制作や印刷物(チラシや小冊子)のデザインなど、DTP業界のスタンダードとなっています。
     
裏スリット・裏スリ   台紙に切り込み(スリット)を入れる加工のことです。片方の台紙を剥がして貼りたい場所に仮止めをしてから貼ることで、正確に貼ることができます。大きいサイズのシールに効果的です。
     
塩ビ紙   ポリ塩化ビニル樹脂から製造された紙で、耐久性・耐水性に優れた素材です。屋外で使用する場合に向いています。
     
OPP
(オーピーピー)
  Oriented=延伸された、と言う意味です。OPP=Oriented Poly Propyleneの略で延伸されたPP材のことです。ポリプロピレン材を溶融押出成型により透明なフィルムにしたものです。(延伸するとフィルム強度があがります。)
トップに戻る

開封防止シール   シールを一度剥がすと「開封済」の文字が残る特殊な素材を使ったもので、元通りに貼り直すことができないため、未開封かどうかの判別、食品・薬品等の異物混入防止などに使用されています。
     
カス   シールは基本的に台紙(セパレーター)よりも小さくなる為、余白部分(=不要部分)ができますが、表面素材のその不要部分のことを「カス」と言います。
また、抜き加工時に、そのカスを取り除く作業のことを「カス上げ」、「カス取り」と言います。
     
強粘   一般粘着よりも粘着力の強い糊で、一般粘着では剥がれてしまう場合に使用されています。耐熱性・耐水性に優れていて、紙素材、フイルム素材のどちらにも対応しています。
     
クラフト紙   茶封筒、包装紙などに使われる、クラフト紙に糊引き加工した紙素材です。表面の粗い素材で、自然な(ナチュラルな)デザインに向いています。
トップに戻る

再剥離   シールを貼った後、糊を残さずに剥がす目的で使用したり、繰り返しの使用が可能な粘着タイプです。紙素材、フィルム素材のどちらにも対応し、個人情報保護シールなどにも使用されています。
積層   重なったシールの最後に台紙(セパレーター)が1枚のみ有る状態(※付箋紙タイプ)
トップに戻る

 断裁    台紙(セパレーター)までカットする方式。
     
     
トップに戻る

糊殺し  

 シールの粘着面に印刷を行い粘着力を殺す方式。

ナンバリング  

 シール1枚毎に連続番号を印刷する方式。

トップに戻る

 ハーフカット

 

 台紙(セパレーター)までカットしない方式。 

 本機校正

 

 実際の印刷に使う機械で校正刷りを出すこと。

トップに戻る

 目隠しシール    個人情報保護用に使用するシール。数種類ある為、用途により使い分け下さい。
トップに戻る

     
トップに戻る

 ロール仕上げ    シールをロール状に巻き、ご希望の枚数に指定可能です。
トップに戻る

     
トップに戻る

英字

     
トップに戻る

マツザキの強み

  • 技術力  

    技術力

    確かな技術と厳しい品質管理で安心した商品を作りだし、お客様の喜びへとつなげていきます
    詳しく見る
  • 設備紹介  

    設備紹介

    自社でシリコーン・糊の塗布が可能な設備を保有しています。
    詳しく見る
用途から探す
  • お問い合わせ
ISO9001
PAGETOP